知っておくと安心なお葬式のマナー5選

お悔やみの挨拶マナー

お悔やみの挨拶マナーの写真

親戚の人や近隣住民の訃報は突然入るので、お悔やみの挨拶マナーを知っておきたい人が増加しています。
遺族や喪主は告別式や葬儀の準備で忙しくしているため、玄関先で手短に挨拶をするのが基本的なマナーになっています。
訃報は突然入るので黒い服を着用する必要がなく、地味目の普段着でもい問題はありません。
近隣住民に不幸が合った時は、お悔やみの挨拶をするのがマナーになっていますが、手短に済ませることが大事です。
自宅に訪問をしたら、お通夜や告別式の開式の時間を確認しておきましょう。
遺族や喪主は長い介護で心身共に疲労をしていることが多いので、お悔やみの挨拶をしたら退出するのが基本です。
お通夜や告別式に参列をする時は、男女共に黒の喪服を着用して数珠は忘れずに持参して下さい。
仕事や家事で忙しい人は数珠を持っていくのを忘れてしまうこともありますが、斎場では貸してもらえたり、販売もしているので安心して下さい。
お通夜や告別式に参列をする時は、開式の時間に遅れないように余裕を持って到着をするのが基本です。
当日はやむおえない事情で参列ができない場合は、後日挨拶に伺うと良いでしょう。
近隣住民や親戚の人が亡くなった時は、急なことなので慌ててしまいますが、お悔やみの挨拶のマナーを知っておくと失礼に当たることはありません。
黒の喪服は着用する必要はないので、訃報が入った時は普段着で駆けつけると良いでしょう。
若い年代の人は挨拶マナーを知っておくと安心です。

昨今、たいへん人気のある家族葬は新しい葬儀のかたちです。目黒区での葬儀も家族葬がメインとして行われています。

目黒区でお勧めの葬儀社はこちら葬儀社グランドセレモニー

家族葬には、火葬のみを行う火葬式、通夜を省略して葬儀を1日だけで行う一日葬、身内だけでゆっくりと葬儀を行う家族葬など、さまざまなかたちがあります。

ここ最近は、費用とスケジュールを限りなく省略した火葬式(または直葬)が多く行われています。火葬式は、通夜や葬儀を行わず、直接火葬場までご遺体を安置し、火葬を行い、お葬式が終了します。

目黒区で葬儀を計画中の方、もしくはお急ぎで家族葬を行われたい方は、電話で無料相談から無料お見積もりまでしてくれる丁寧で親切な葬儀屋がお勧めです。

目黒区にある数ある葬儀社の中でも、追加料金の一切かからない葬儀社グランドセレモニーが評判です。目黒区で家族葬をご検討中の方は、ご依頼の候補として葬儀社グランドセレモニーを入れておくと良いでしょう。