知っておくと安心なお葬式のマナー5選

香典のマナー

香典のマナーの写真

現代は一般葬でも香典を受け取らないご家庭が増えていますが、香典を辞退する時以外は持参する必要があるので、基本的なマナーを知っておきたい人が増加しています。
叔父や叔母などの場合は3万円前後になっており、従兄弟の場合は1万円から2万円程度、友人の場合は1万円から、2万円程度が平均的な相場です。
住んでいる地域によっては近隣住民のお葬式に参列することが多いですが、平均的な香典の金額を知っておきたい人が増加しているので知識を身に付けておきましょう。
親しさの度合いによっても多少は違ってきますが、5千円から1万円前後が平均的な相場になっています。
両親や祖父母の場合は5万円から10万円前後になっていますが、平均的な費用を知っておくといざという時に慌てずに済みます。
香典の表書きをする時は薄墨を使うのが一般的です。
ご香料やご香典などの表書きをして、自分の名前を記入して下さい。
お通夜や告別式に参列をする時は遅くても開式の30分以内に到着をするのがマナーですが、受付で一礼をしてから香典を手渡して下さい。
香典の基本的なマナーを身に付けておくと、20代の若い人も好印象を持ってもらえます。
住んでいる地域によっても表書きは違ってきますが、不祝儀用の袋を使用するのが一般的です。
香典を受け取らないお葬式の場合は、一般参列者は用意をしておく必要はありません。
住んでいる地域によっても違ってくるので、年長者にアドバイスを受けておくと安心できます。

昨今、たいへん人気のある家族葬は新しい葬儀のかたちです。目黒区での葬儀も家族葬がメインとして行われています。

目黒区でお勧めの葬儀社はこちら葬儀社グランドセレモニー

家族葬には、火葬のみを行う火葬式、通夜を省略して葬儀を1日だけで行う一日葬、身内だけでゆっくりと葬儀を行う家族葬など、さまざまなかたちがあります。

ここ最近は、費用とスケジュールを限りなく省略した火葬式(または直葬)が多く行われています。火葬式は、通夜や葬儀を行わず、直接火葬場までご遺体を安置し、火葬を行い、お葬式が終了します。

目黒区で葬儀を計画中の方、もしくはお急ぎで家族葬を行われたい方は、電話で無料相談から無料お見積もりまでしてくれる丁寧で親切な葬儀屋がお勧めです。

目黒区にある数ある葬儀社の中でも、追加料金の一切かからない葬儀社グランドセレモニーが評判です。目黒区で家族葬をご検討中の方は、ご依頼の候補として葬儀社グランドセレモニーを入れておくと良いでしょう。