知っておくと安心なお葬式のマナー5選

お通夜・葬儀のマナー

お通夜・葬儀のマナーの写真

20代、30代ぐらいの年齢になると、お通夜や告別式に参列する機会が増えるので、基本的なマナーを身に付けておく必要があります。
訃報は急に入るので慌ててしまう人が多いですが、連絡が入ったら開式の時間を確認して、遅くても30分以内には到着をしておくことが大事です。
遺族や親族は黒の喪服の着物を着用していることが多いですが、一般参列者の場合は和服を着用するのは避けたほうが良いでしょう。
一般参列者が和服を着用していると浮いてしまうので、洋装のブラックフォーマルを着用したほうが好印象を持ってもらえます。
故人や遺族と親しい間柄の場合は、葬儀社の受付や花屋などで供花を注文したり、お供え物を注文しておくと良いでしょう。
お通夜や告別式は悲しみの席なので会場に入ったら私語は控えるようにして、携帯電話はマナーモードにしておくか、電源を切っておくことが大事です。
開式の時間になると僧侶が入場をして読経が始まるので、家族や遺族などのお焼香が終わると一般参列者の順番が回ってきます。
自分の順番が回ってきたらまずは遺族に一礼をしてから、祭壇の前に進んで遺影に一礼をしてから、抹香を指でつまんでお焼香をします。
宗派によってもお焼香の回数が違ってきますが、周囲の人に合わせて行うと良いでしょう。
心を込めてお焼香を行った後はもう一度遺族に一礼をして、退出をします。
基本的なお通夜や告別式のマナーを知っておくと、いざという時に慌てずに済みます。

昨今、たいへん人気のある家族葬は新しい葬儀のかたちです。目黒区での葬儀も家族葬がメインとして行われています。

目黒区でお勧めの葬儀社はこちら葬儀社グランドセレモニー

家族葬には、火葬のみを行う火葬式、通夜を省略して葬儀を1日だけで行う一日葬、身内だけでゆっくりと葬儀を行う家族葬など、さまざまなかたちがあります。

ここ最近は、費用とスケジュールを限りなく省略した火葬式(または直葬)が多く行われています。火葬式は、通夜や葬儀を行わず、直接火葬場までご遺体を安置し、火葬を行い、お葬式が終了します。

目黒区で葬儀を計画中の方、もしくはお急ぎで家族葬を行われたい方は、電話で無料相談から無料お見積もりまでしてくれる丁寧で親切な葬儀屋がお勧めです。

目黒区にある数ある葬儀社の中でも、追加料金の一切かからない葬儀社グランドセレモニーが評判です。目黒区で家族葬をご検討中の方は、ご依頼の候補として葬儀社グランドセレモニーを入れておくと良いでしょう。